雨除けシートとかごの活用法

自転車に雨よけシートが必要な理由

雨よけシート 自転車は、ステンレスやアルミニウムなど錆びにくい素材で一般的には作られていますが、近年は酸性の雨が降ることもあります。その雨水が複雑な構造部分にたまり、内部から錆びることもあります。
また、直射日光が当たる場所での保管は紫外線による見た目の劣化だけでなく、ワイヤーをコーディングしているプラスチックなどの劣化も早める要因になります。そのため、雨よけ対策や紫外線を遮断するシートをすることが、大切な自転車をより長くきれいに保存することにつながります。
雨よけ対策として売られている商品は安く、単純なものもありますが、耐久性の観点からそこそこのものを購入することをお勧めします。特に紫外線は地面からの反射して自転車に下からあたることもあります。できればワンサイズ大きなものを購入するなど全体を確実に覆うことが必要です。
そのうえ、最近は高価な自転車もあります。目立つ場所に保管するとよからぬことを考える人もいます。
盗難などを防ぐためにも雨よけカバーをする方がよいのではないでしょうか。

犬を自転車のカゴに乗せて走る

犬と一緒にお出かけする時、リードを持って散歩させながら自転車に乗るのは違法ですが、カゴに乗せて走ることは法律上は問題ありません。乗せて走ることができるからといってそれと安全かそうでないかはまったく別の問題です。
たくさんの人がいるところや地面がでこぼこしているところを通るとき、あるいはスピードを出して走ったりすると自分が転倒するだけでなく、周りの人にもケガをさせる恐れがあります。
安全には特に注意して乗らなければなりません。また大型犬は乗せるとバランスが取れなくなるのでやめたほうがいいでしょう。
カゴに乗せて走る時は、走行中犬が落ちてしまわないように気をつける必要があります。突然暴れたりすることもあれば、曲がるときやブレーキを掛けたときにその勢いで飛び出してしまうこともあります。
リードを自転車のハンドルなどに固定してはずれないようにしておくといいでしょう。できれば犬用のキャリーバッグなどを利用すると飛び出し防止にもなります。

おすすめWEBサイト 5選

池袋でセクキャバを遊ぶ

2018/6/28 更新

「自転車 雨」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lkuqrsbp/car-hoken.org/amayoke.html on line 94

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A+%E9%9B%A8): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lkuqrsbp/car-hoken.org/amayoke.html on line 94