安全運転を行うためのコツ

道路交通法では軽車両とされる自転車

道路交通法では軽車両とされる自転車 道路交通法の定義では、自転車は軽車両に分類され、車道の左側端を走ることが原則となっています。例外的に歩道を走ることもできますが、実際には厳しい制限を受けます。歩道走行の際には、車道寄りの部分を徐行し、常に歩行者優先の原則を守る必要があります。
自転車に乗る人は、自動車のドライバーと同じように安全確認を行う必要もあります。車線変更や停止をするときには、手信号で合図をして、他の車両に自分の存在を知らせる必要があります。
道路交通法の規定は複雑ですが、自転車に乗る人も知っておく必要があります。横断歩道を渡る場合には、自転車横断帯に関する事項を確認しておけば、安全な状態で通過できます。押して歩く場合には歩行者と同様の扱いになるために、車道が危険だと感じたときには、歩道に退避して歩くこともできます。
道路交通法では、車体にブレーキや反射材を付けることが義務付けられています。この義務を怠ってしまうと、自分の生命を危険に晒すだけでなく、事故の加害者になる可能性も高めてしまいます。

自転車の安全運転を行うためのコツ

自転車を安全に運転するためには、機敏な判断能力や運動神経を駆使する必要があります。さらに、慎重な判断力も持ちあわせていれば、危険を事前に察知することもできます。
自転車の点検を定期的に実施しておくことも、愛好者にとって必須となる義務です。
初心者は前ばかりを見て運転することがありますが、これでは危険が増大することになります。運転中には背後にも注意を払い、進路を変更するときには手信号を出すことが大切です。停止や発進をするときにも、背後の安全確認をすることで、目の前に迫っている危険を回避できます。
慣れない道を走行するときには、特に慎重になる必要があります。薄暗い道を通るときには、樹木の根上がりに衝突して、激しく転倒する可能性もあります。初めての道を通る前には、地図を使って地形や道幅を確認しておけば、実際に走行するときには大いに役立ちます。
事前に入念な計画を行うことで、自転車の安全運転を確実に推進することができます。

注目サイト

吉原でソープを探す

Last update:2018/12/14

「自転車 道路」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lkuqrsbp/car-hoken.org/anzen.html on line 92

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A+%E9%81%93%E8%B7%AF): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/lkuqrsbp/car-hoken.org/anzen.html on line 92